真宗 大谷派 存明寺

DVD上映&大島花子さんミニライブ&ミニトーク

2016年7月23日(土)、存明寺においてグリーフケアをテーマとしたイベントが行われました。
この企画は「グリーフサポート世田谷」の皆さんと「存明寺」との、初の共催です。
「グリサポせたがや」は、区内で積極的にグリーフサポート活動をしている素敵な団体です。
グリーフサポート関連のDVD上映、歌手の大島花子さんのミニライブなどが行なわれました。
遠くは山口や福島など、遠近各地から約100名の方々がご参加下さいました。深謝。

 


受付の担当は、グリサポせたがやの皆さんです。さすがテキパキされています。
ほかに駐車場係や誘導係など、実に大勢のスタッフにご協力を頂きました。
開会挨拶・酒井住職:これははじめの一歩。グリーフケアの風を吹かせよう。
開会挨拶・松本代表:グリーフは幅広い喪失。サポートを共に考えよう。

 


DVD上映会は「教育現場におけるグリーフサポート ~死別体験にどう向き合うか~」です。
大島花子さんは、坂本九さんの娘さん。ご自身の悲しみの体験を語りながらのライブです。
歌には人を包み込む力がある、それがライブの底に流れていたことでした。
真剣な姿勢で歌を聞かれている多くの方々、中には涙を流しながら。
その涙、光を浴びて、いつか虹になったら・・・。それが人々の「いのり」なのかもしれません。

 

 


 

コンサート中にはミニトークも行われました。
大島さん:30年経っても悲しみは消えない。でも悲しみが化学変化をおこす。
     悲しみがきっかけとなって、人と出会うこともある。
酒井住職:そこにいるのはかわいそうな人ではない。
     悲しみを抱えながらも、今を一生懸命に生きようとしている人なのだ。
アンコール曲は「見上げてごらん夜の星を」でした。大きな拍手・感動とともに幕。

 


終了後には、存明寺客殿にてスタッフ慰労会が行なわれました。
スピーチをしてくれた人々
 辛淑玉さん(子ぎつねの家)・鎌仲ひとみさん(映画監督)・入江杏さん(絵本作家)・
 藤澤克己さん(元ライフリンク)・山根和子さん(いのちのミュージアム)・原知克さん(存明寺グリーフケア)・
 桜井純子さん(グリサポせたがや)・井ケ瀬惠子さん(存明寺グリーフケア)
それはそれは、賑やかで楽しい時間が流れていきました、とさ。

 

 

親鸞と出遇うお寺
  真宗大谷派 存明寺

緊急のお知らせ

◆感染防止の上「お盆法要」を実施します。
〇7月12日(日)11時~(45分間)
 お盆(ぼん)法要
内容:法要・法話・感話・得度披露(本堂にて)
法話:酒井義一存明寺住職
感話:藤井俊五存明寺総代
得度披露:髙橋昭彦氏・酒井あゆみ氏
*マスク・消毒・手洗い・間隔・換気の徹底。
*玄関にて体温の計測をします。

◆感染拡大を考慮し、以下の行事を中止します。
〇7月4日(土)新盆合同法要  中止
〇8月29日(土)青年のつどい 中止

*9月からの行事再開を検討しています。
*詳しくはこのHPでお知らせします。
*皆様御身どうぞご自愛くださいませ。

*************************
親鸞と出遇うお寺
真宗大谷派 存明寺

行事・催しのご案内

存明寺の動画コーナー

◆最新動画「真宗本廟春の法要」

◆動画「存明寺の報恩講法要」

◆動画「存明寺の帰敬式」

◆動画「存明寺の青年の集い」

◆動画「存明寺の新盆合同法要」