真宗 大谷派 存明寺

報恩講 2015年

報恩講 2015年

日 時  2015年11月2日(月)~3日(火)
講 師  伊藤元先生(日豊教区・徳蓮寺前住職)
テーマ  親鸞聖人を探し続ける
日 程  2日 2時:報恩講法要(逮夜) 3時:法話(伊藤先生) 5時:閉会
     3日 12時:おとき 1時:法話(伊藤先生) 2時報恩講法要(満日中)
        3時:門徒交流会

 

報恩講2015のお荘厳

報恩講2015のお荘厳

11月2日と3日、親鸞聖人につどう報恩講法要が行われました。
講師に伊藤元先生(北九州市・徳蓮寺前住職)をお招きし、
2日間にわたって、奥行きのある深いお話をしていただきました。

 

2日目には門徒感話が行われました。岡田真さん(世話人)

門徒感話

門徒感話

 

報恩講法要(満日中)のお勤めの最後には、
讃歌『回向』をご参詣の皆様と唱和しました。

報恩講法要(満日中)

報恩講法要(満日中)

 

3日にはおとき(精進料理のお食事)が参詣者に振舞われました。
親鸞聖人がお好きだったというアズキ、そのアズキを使ったお赤飯に
野菜の煮物や山芋と海苔で作った「かば焼き風」などです。
この「精進料理」が味わえるのは、5月3日の永代経法要と
11月3日の報恩講法要の年2回です。是非ご賞味ください。

報恩講2015おとき

報恩講2015おとき

 

 

講師の伊藤元先生は、昨年に引き続いてのご出講です。
ユーモアあふれるお話に何度も爆笑が起こり、
その中にも鋭くて深い言葉が身に響きます。
報恩講法話の語録は、下記の通りです。ご賞味ください。

伊藤元先生

伊藤元先生

 

【伊藤先生語録】

・浄土真宗は煩悩を聞いていく教え。
どんな煩悩があるのかを知っていく教え。

・困った問題が、
自分をさらに深めていくご縁になる。

・日々の暮らしの中で
ひとつも出会いがなかったなら
人生全体がわざわいとなる。

・諺(ことわざ) 
ひとりの人が言葉を言った。
でも、それにうなずく人がいれば、
響きながら人々に伝わっていくのだ。

 

 

門徒交流会

門徒交流会

すべてが終了した後に行われた『門徒交流会』。
お酒をいただきながら2日間を振り返ります。
最後には、講師の伊藤先生を囲んで集合写真。
こうして2015年の報恩講が終了しました。

門徒交流会 集合写真

門徒交流会 集合写真

 

      真宗大谷派 存明寺

存明寺の行事ご案内

〇2018年1月1日(土)午前10時~

年のはじめの「修正会」(しゅしょうえ)
内容:勤行・年頭法話・乾杯・年頭感話
お話:酒井義一住職&総代
※カレンダーとおしるこをプレゼント。
書き初めのコーナーもあります。

**************************
親鸞と出遇うお寺
真宗大谷派 存明寺

存明寺Facebookページ

行事・催しのご案内

存明寺の動画コーナー

◆新作動画「存明寺の青年の集い」

◆新作動画「存明寺の新盆合同法要」