真宗 大谷派 存明寺

こども食堂日記

■こども食堂日記

2015年9月に、真宗大谷派存明寺でオープンした「ぞんみょうじこども食堂」。
子育て中の方や子どもたちとともに、あたたかな居場所を作ろうという試みです。
メニューは、毎回定番、旬の野菜と鶏ひき肉がたっぷり入った「キーマカレー」です。
住職夫婦とボランティア、合計11名が毎回心こめて手作りをしています。
わずかな料金で栄養たっぷりの食事を、みんなと一緒に食べることができるこども食堂。
その様子を下記にお届けいたします。    (ぞんみょうじこども食堂)

 


*2017年11月22日(水)
おとな16名、子ども30名、スタッフ12名の58名が参加。
ここしばらくは参加者数がだいたい安定してきました。
子ども食堂も安定営業?。軌道にのってきました。

*2017年10月25日(水)
おとな16名、子ども30名、スタッフ11名の57名が参加。
この日はハロウィンの衣装をきた子どもたちもチラホラと。
えっ、お寺でハロウィン? 大丈夫、ここだけの話だから。

*2017年9月27日(水)
総勢60名が参加。食事後に顔なじみになった子どもたちと追いかけっこをしていたら、
子どもたちが食堂のなかへ走り込んでいった。
すかさずスタッフの女性が「コラ~~、走っちゃダメ~~~~」と叫んで注意。
そこへ私(じゅ~しょく)が顔を出して「すいませんでした」とペコリ。
食堂が大爆笑に包まれました。ろうかは静かに歩きましょう。

 

*2017年7月26日(水)
こども27名おとな17名スタッフ8名の合計52名が参加しました。
2組の初参加の方々以外は、ほぼ常連さんたちでした。
その常連さんの人々と、いっぱい遊びました。
こちらもだいぶ慣れてきたのか、自然体で余裕のこども食堂でした、とさ。

*2017年6月28日(水)
この日のデザートは「お誕生記念・パンダクッキー」、ありいずみさんの手作りです。
廣重さんからいただいたジャガイモを使って「ポテトサラダ」も作りました。
この日初参加の家族が一組。かわいい女の子たち、一緒に遊びました。
次の日の朝に門前でバッタリ、ハイタッチをしてくれました。近所にお友だちがまたひとり。
この日の参加者総勢は64名でした。

 

*2017年5月31日(水)
参加者はほぼ顔なじみの方々です。この日の総勢は55名。第20回目の開催です。
かつて80~90名を経験してしまったので、この位の人数がちょうどいいような・・・。
スタッフたちも、こども食堂での時間を楽しんでいるかのようです。余裕があって、いいね。
受付係の知子さん。「名前と顔が半分ぐらい一致するようになって、うれしい」って。これもいいね。

 

*2017年4月26日(水)
子ども23名・おとな14名・スタッフ10名の合計47名のご参加でした。
この日の写真はスイーツ特集。毎回違うスイーツを手作りでご持参下さる方がおられます。
その方の名は、ありいずみさん。心がこもっていて、とってもおいしいですよ~~~~。

 

*2017年3月29日(水)
春休みのあたたかな一日。この日の参加者は、春風に誘われるようにして・・・
子ども41名・おとな21名・スタッフ11名の合計74名でした。
スタッフの準備作業は手慣れたもの、和気あいあいに、3時間で食事が完成。
子どもたちの名前も徐々に覚え、回を重ねるごとに距離感が縮まります。
まさに「継続は力なり」。月一回のささやかな取り組みですが、心込めて継続しま~す。

 

*2017年2月22日(水)
この日お揃いのエプロンが完成し、皆さんへお披露目。
海外メディアと真宗大谷派東京教区の取材グループ合計9名が訪問。
なんとなくドタバタしたこども食堂でした。
今後は、取材は「一時間以内」にお願いしようと思いました。

 

 

*2017年1月25日(水)
インフルエンザがかなり流行っている様子で、この日は欠席者が多かったです。
2時から準備を開始、手慣れた感じでスムーズにキーマカレーが出来上がりました。
この日じゅーしょくは本業のお通夜で夕方から外出でした。
受付を担当してくれたのは、なんと5歳児のたいち君とゆうせい君、
それとスタッフのともこさんとママのみかくさんでした。深謝。
こどもたちは季節のあいさつなども交えて、立派に受付をしてくれたそうです。
後継者が順調に育っています。
こども27名・大人12名・スタッフ11名の50名が参加しました。

 


 

*2016年12月21日(水)
始まって1年3カ月がたち、15回目を数えました。
この日久しぶりに「じゅーしょくの紙芝居」をやりました。
幼児が対象なので、大変むずかしーい。さらなる精進が必要です。
くまちゃんのバルーンコーナーが大人気でした。
参加者は、こども34名・大人16名・スタッフ11名の61名でした。
最近参加者が定着してきた感じです。

 

*2016年11月16日(水)
こども31名・おとな18名・スタッフ12名の合計61名の人々が集まりました。
先月が87名だったので、61名は「楽勝~」という感じでした。慣れですかね。
この慣れが、怖い。身を引き締めて、と。
くまちゃんがバルーンアートをしてくれました。この日「くまちゃん券」を作成。
ご飯を食べおわった子から、ひとり1バルーン。だんだんとルールが整備されていきます。

 

*2016年10月26日(水)夕方 晴れ
2時にスタッフ7名が集合、玉ねぎ・セロリ・にんじん・ピーマンなどの野菜をみじん切りにします。
鶏ひき肉などを炒め、4種のカレーは4時半に完成しました。さすが手慣れたものです。

さてこの日のこども食堂、なんと87名(こども50名・おとな28名・スタッフ9名)が集まりました。
その中心は、子育てサロンなどですでに関係があった方々です。そこに新しい方がちらほらと。
この日の参加者にウクレレの先生「おおきたちひろ」さんがおられ、即興のミニコンサート。
ドラえもんなどの曲で大変盛りあがりました。こんな雰囲気は初めてのこと、いいなと思いました。

今までは定員24人の一部屋での食事でしたが、この日初めてもう一部屋(24人定員)も開放。
その分、食事時間は短縮され、流れはスムーズでした。
幼稚園児や小学生がスタッフのように受付や配布のお手伝いをしてくれました。
だんだん仲良くなってくること・・・これもこども食堂の醍醐味なのかもしれませんね。
                   

※ただ今、定員オーバーのため、開催日は公開しておりません。事情お汲み取り下さいませ。

 


 

*2016年9月28日(水)夕方
この日、今までで最多の75名の参加でした。(スタッフ11名・子ども41名・大人23名)
下はゼロ歳児から、上は20代30代40代のお母さんやお父さんまで。
途中でご飯が足りなくなり、買い出しをするという盛況ぶり。
静かな寺町に大勢のとびっきり若い世代が集結し、賑わう風景がそこにありました。
有泉さんのデザートと熊﨑さんのバルーンアート、準備からあとかたずけまで完璧なスタッフ。
そして、この場を愛し、自らの居場所としてくれているたくさんの人々が、そこにおられました。
外はキンモクセイが咲く季節。深まりつつある秋。同じように深まれ、ぞんみょうじこども食堂!
(この日、あまりの忙しさに、写真を撮るのを忘れました、とさ)

 


*2016年7月20日(水)夕方
この日の参加者は、こども24名、大人18名、スタッフ8名の合計50名でした。
JAさんから野菜、有泉さんからデザート、逢沢さんからすいかのプレゼントがありました。
この日、存明寺門徒の熊﨑さん(通称:くまちゃん)がバルーンアートをしてくれました。
これが子どもたちに大人気。小さな女の子が「また来てね、クマちゃん」とささやいていました。

 


*2016年6月22日(水)夕方
こども食堂6月。去年の9月から数えて10回目の開催となりました。

毎回キーマカレーを作っているので、かなりスムーズに準備が進むようになりました。
おとな17名、こども26名、スタッフ9名、合計で52名が参集。この位がちょうどいいような…。
食後にこどもたちと遊ぶことを大切にしています。キャッチボールに電車ごっこにおままごと・・・。


*2016年5月28日(土)
朝日新聞の夕刊(首都圏版)の一面に、「ぞんみょうじこども食堂」が取り上げられました。
「子ども支える「こども食堂」首都圏に続々 開設講座盛況」

 


*2016年5月25日(水)夕方
この日は、いつものキーマカレーに新作メニュー「おから入りキーマカレー」が登場。
また受付は3人の5歳児が、「挨拶係り」「お名前は?係り」「お会計係り」になってくれました。
この日、親子59名スタッフ9名。合計で68名が集合。過去最高の人数です。


*2016年4月27日(水)夕方
この日、ひとりの小学生がオタマジャクシに夢中になって池ポチャしました。
着替えを用意しておいてよかった! 池ポチャ、お寺ではよくあることです。


*2016年3月16日(水)夕方
業界紙『仏教タイムス』の取材を受けました。4月号に掲載。
おとな14名こども20名スタッフ10名の44名が参加しました。

*2016年2月24日(水)夕方
雪が降る前の、さむ~い日でした。
おとな10名こども16名スタッフ7名の33名が参加しました。

*2016年1月20日(水)夕方
おとな12名こども25名スタッフ10名の47名が参加しました。
本堂で「こども食堂の作り方講座」も開かれました。
アーカイブ映像を見ることができます。
1:49:35あたりから怪しげに「じゅ~しょく」も2~3分ほど登場します。

 

親鸞と出遇うお寺
 真宗大谷派 存明寺

ぞんみょうじこども食堂

存明寺の行事ご案内

〇12月16日(土)14時~17時
グリーフケアのつどい
大切な方を亡くした人へ
―同じ体験をした人々のつどい―
内容:勤行・ミニ法話・語り合い・音楽鑑賞
お話:酒井義一住職  会費:500円

〇2018年1月1日(土)午前10時~
年のはじめの「修正会」(しゅしょうえ)
内容:勤行・年頭法話・乾杯・年頭感話
お話:酒井義一住職&総代
※カレンダーとおしるこをプレゼント。
書き初めのコーナーもあります。

**************************
親鸞と出遇うお寺
真宗大谷派 存明寺

存明寺Facebookページ

行事・催しのご案内

存明寺の動画コーナー

◆新作動画「存明寺の青年の集い」

◆新作動画「存明寺の新盆合同法要」